XPlane11に感動した話

XPlane11の体験版をインストールし、パワフルでグラフィカルなフライトシミュレーターにいたく感動した話。後半戦は”それでもFSX/P3Dにこだわる話”

先日、フライトシミュレーター用のPCにXPlane11を入れていないことに気づき、動作安定性の確認を含めて入れてみた。もちろん本編ではなく、体験版をプレイした。

※ちょいちょい表現の見直しなど修正を入れているので、敬体やら状態やら混ざってしまっているのはご了承のほど...笑

 

体験版のインストールはこちら

 

ちなみにXPlane11をMac Book Pro(Intel Core i5)にインストールし、動作確認を行ったことろ、Macはヒューヒュー音を立て、激熱になり、グラフィックもいまいちになってしまった。やはりフライトシミュレーターレベルのゲームでは、グラボは必須のようだ。

 

☆XPlane11はココが良かった↓

 

①グラフィック

まままず...デフォルトのグラフィックがとてもよかった。FSX・P3Dでいうところのフルアドオン状態にほぼ近いトータルグラフィックだ。夜景も本気で素晴らしく、道路を走る自動車とそのブレーキランプ(5回点滅はしないが...)、たまにパトカーのような明かりも見えて(これがかなり多く、まあどんだけこの地域治安悪いのかよ...)とてもそそられた。昼間の景色はFSX・P3Dのフルアドオンと拮抗するレベル、夜景に関してはもういくらあがいてもFSX・P3Dは勝てない感じだった。お天気もREXやAWXがデフォルトで入っているという感じ。

ほんと最高かよ、なグラフィック

 

②軽快なソフトウェア

たいへん優秀なエンジニアの集まりでできたソフトウェアなんだということが感じられるほど軽快な動作をするのだ。はっきり言って今までFPS(フレームレートの方)があああとか鳴いていた自分が馬鹿みたいであった。FSXではチョイカクの動作がXPlane11ではヌルヌルである。明かりが多い夜でも軽快である。FSXでは”自動車を走らせるのはやめておけ”だったが、XPlane11はもバンバン走らせられる。おそらく64bitに対応しているからであろう。PCのリソースを思う存分に使ってくれるソフトである。そうはいえ、32bit対応ソフトウェアのFSXと比較するのはおかしな話だが...ちなみにWindows10が更新され、近日のアップデートでタスクマネージャーにGPU使用率が表示されるようになった。こちらで測ってみたことろFSXはなんと27~33%/100%しか使ってくれていなかった。もうこれは2007年頃発売のソフトなので致し方ないところではある。(②ではFSXのみで、P3Dとの比較はしていない。P3Dv4も今や64bit化しており、軽快に動く可能性は大いにある。⦅後日検証⦆)ちなみにXPlane11はGPU使用率47~50%程度であった。

 

↓では逆に気になった点。

 

①リアルなのか?と思う飛行挙動がある

”XPlane群は本格フライトシムで、その飛行挙動には前々から定評があり、○○の飛行訓練機材としてもts...”

個人的には、これ、過大評価の気がするのだ。FSXは確かにゲーム性がある。でもそれは”ミッション”があるからで、設定>難易度から飛行特性をいじくればそれなりに飛行特性をきつくすることがでいる。決して飛行特性がお粗末なわけではないと思う。一定基準は満たしているように思われれる。

で、確かにXPlaneは定評の通りシミュレートされているが、ひとつ?だったのが”ラダー”だ。ブルーバックス社「エアバスA380を操縦する」(キャプテン・ジブ・ヴォーゲル著/水谷 淳訳)第1版P186には航空機のラダーについてこう記されている。「ラダーの二次的影響として、ラダーを踏んだ方向へ機体がロールしようとする力が発生する」と記されている。で、確かにXPlane11でラダーを踏むとくるんと回転する。まあよくぞここまでシミュレートしているなと感じられる部分だ。思いきり踏めば回転し即墜落してまうため、ラダーは車のスロットル程度しか踏めない。ここまで聞けば”なんだじゃあXPlaneいいじゃん、買おう”となると思う。が、同書では続きがあり、このように記されている。「ただし、フライトコンピューターが自動でエルロン操作を行い、回転を相殺してくれる」と書いてある。XPlaneでは738でさえくるくる回る。飛行特性のリアリティーとしてはYESだが、実際の飛行機の挙動をリアルとするならば、?であると感じている。課金の飛行機も操縦してみて見極めたいところ。

また全体的な飛行特性も軽快と感じている。まあ、そもそも私は本物のパイロットでもなければ、免許も持っていない(オイ)なので、リアルとかほざいてんじゃねぇという感じではあるが、いくつかのフライトシミュレーターをプレイした経験上、飛行機はゆっくり動くものだと認識している。XPlaneでは、747,738でもかなり軽快で、操縦しやすいのでいいのだが、今までの認識と違うフィーリングに疑問を持っている。わかりやすく言えば、FSXやP3DでいうFA-18やF-22のような軽快さがあるといった感じである。ただし、ここは完全に個人の好みなので、体験版をプレイして好きな島でシミュレートすればよいと思っている。

ここら辺は言い換えると、グランツーリスモとForzaの違いという感じである。(Forzaは大変リアルで、それゆえ逆にリアルじゃないといわれたりすることも...)

 

②国内の空港アドオンが微妙

FSXでは、国内空港アドオンとしてテクノブレイン社の空港アドオンを入れるとこれまた空港にいるような雰囲気を感じることができ、テンションアップするのである。が、XPlane11では、このようなリアルアドオンが少ないのである。これは人に言われて気づいたのだが、私も飛行の8割は上空にいるのにも関わらず、どうしても空港にお金をかけたくなってしまう。もし上空に心安らぐあなたは全く問題もないが、空港メインの方は、(一応アドオンシーナリーはあるようだが、といってもFSXでいう無料の羽田みたいなもので、ちょとボーディングブリッジがついて...程度である)意見が分かれるところである。

 

③雰囲気づくりがちょっとやりずらい...

私がフライトシムをするときに重要視しているのは、自宅であの非日常のウキウキが止まらない時間を再現することである。なので客入れBGMは書けるし、CAさんのアナウンスも入れている。もちろん空港ではピーンポーンパーンポーン”○○航空より、ご搭乗の最終案内をいたします”を流す。これを実現するためにFLIGHTDECK SFX PANELを導入している。こういうのがXPlaneではできるという情報がない。最重要部分がないだけに、私の場合迷ってしまう。

 

もちろんFSXはソフトウェアとして、現在のハードと相性がびっくりするほど悪いなど満点ではない。人によってはどのフライトシムとともにするのか、きっぱり趣向が分かれることろである。ただどっちも色がある別格の要素があるんだと、ここでフォローをしておく。購入の際に、ぜひこういう記事が吟味のお役に立てれば幸いです。

 

ちなみに今年の夏にXPlane11の完全版を購入予定です。やはり惹かれる部分があるので。
いまはとりあえずPrepar3d v4の移行作業が先です!

 

★コメントはCREW LOUNGE(こちら)よりどうぞ♪

 

P.S これが例のパトカー(かなり頻繁に見かけるので、治安が気になってフライトも心配?)

 

 

コメント機能つけた方がいいのかな...(つけました)お問い合わせはcontact(この後に@fsmuseum.jpn.org)まで

2017年11月30日|資料のカテゴリー:コーヒーブレイク(その他/未分類)